愛犬と幸せに暮らすための日常的なチェック&ケア

- 日頃のケア&チェックは大好きな愛犬の健康を守るため

日頃のケア&チェックは大好きな愛犬の健康を守るため

愛犬家にとって、犬はかけがえのない存在です。できることなら一秒でも長く、愛犬と過ごしたいですよね。
また、大切な愛犬が苦しんだり、悲しんだりしないためにも、飼い主が責任をもって、愛犬の健康をチェックして、日頃からケアしてあげることが大切です。
ここでは、愛犬との日常生活の中で、飼い主が簡単にできるケアや健康維持のためのチェックについてのポイントをまとめます。

犬を飼う前に知っておきたい心得

ペットとして人気のある犬ですが、安易に飼われてしまった犬の中には、飼い主の無責任によって不幸になってしまった犬もいます。
犬を飼おうと決めたら、まずは自分が犬を育てられる環境にあるのか、10年以上にわたってお世話することができるのか、じっくり考えることが大切です。
たとえば、仕事が忙しいから癒しのために犬を飼おうとすると、きっと後悔します。日頃忙しいタイプの人が犬を飼うならば、最低限、散歩に連れて行く事ができるのか、少ない時間の中でも愛犬とのコミュニケーションをとる時間を作れるのか、愛犬に何かあった時にすぐに対応できるのか、時間がなくても愛犬のケアやチェックを怠らずにできるのかを考える必要があります。
犬を飼うということは大切な命を預かることになります。思いがけない病気や怪我をすることもあります。思いつきや、寂しさを紛らわすという理由だけではなく、犬を飼う前には、必ず責任を持って最後まで面倒を見られるかどうかをよく考えましょう。

飼い主が日常的に行う愛犬の健康チェック

犬を飼ったら、定期的に動物病院で、健康診断を行ってもらいましょう。ただし、病院に行かなくても、飼い主が日常的に健康チェックを行うことも大切です。

飼い主が行う健康チェックとしては、毎日の排泄物を確認してください。うんちがゆるくないか、下痢をしていないか、逆に固くなり過ぎていないか、血が混じったりしていないか、血が混じっている場合、血の色はどんな色か、など排泄物のチェックは愛犬の健康状態を知る上で大切です。

次にドッグフードの食いつきや残していないかを確認しましょう。いつも食べているドッグフードを残したりすれば、犬からの不調のサインかもしれません。常に食いつきが悪ければ、ドッグフード自体がその犬に合っていないという可能性がありますので、別のフードを試してみましょう。

毛のつやや目の輝きを観察してみましょう。毛がパサパサして、つやがなければ十分な栄養が得られていない可能性があります。また目が濁ったり、充血していれば、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

犬とのコミュニケーションの中で、見えづらい被毛の内側にできものや怪我をしていないか、なども確認しましょう。

そして、問題行動を起こしている場合は、ストレスがかかっているかもしれません。これまでしつけの中でできていた行動が、急にできなくなったら、犬がわざと問題行動を起こしている可能性があります。ストレスの原因を探るきっかけとなります。たとえば、最近忙しくて、長時間お留守番ばかりさせていたり、散歩が少ないなど飼い主の行動を振り返るきっかけとなります。

これらの健康チェックは動物病院に連れて行った際に、獣医さんに伝える情報としても重要ですので、注意深くチェックして把握しておきましょう。

新着情報

◆2016/08/25
愛犬が幸せな毎日を送るための最低限のケアを新規投稿しました。
◆2016/08/25
目、耳、口の日常チェック&ケアを新規投稿しました。
◆2016/08/25
毛のつやをチェック&ブラッシングケアを新規投稿しました。
◆2016/08/25
食事の量と食いつき方をチェックするを新規投稿しました。
◆2016/08/25
愛犬の排泄物をチェックしてわかることを新規投稿しました。